このエントリーをはてなブックマークに追加

スロータスオイル+ヨガ呼吸法で自律神経の乱れにアプローチ!!

季節の変わり目である夏から秋、秋から冬にかけては気温の寒暖差により、自律神経の乱れが起きやすい時期です。そこで、スロータスオイルを使用した簡単なケアをお伝えします。

5分で出来る!座ったまま出来る!簡単ケア!!

 

(1)お好みのスロータスオイルを選び、デコルテや首に塗布

(2)下記の呼吸法を行う

 

 

スロータスオイルの特徴をチェックしてご利用ください!

気虚 ヴァータ

緊張やストレスを感じた時に。

身体を温めながら血行を促進し、細胞の隅々に栄養を与え、解毒力をアップします。

商品ページはこちらからです。>>>

 

気滞 ピッタ

頭をスッキリエネルギッシュになりたい時に。

自律神経の乱れの原因である、上半身の熱を鎮静しながら毒素排泄を促します。

商品ページはこちらからです。>>>

 

湿熱 カパ

精神的疲労・リラックスしたい時に。

利尿作用を促し、身体の余分な水分を排泄。浮腫みやセルライトを改善しやすくなります。

商品ページはこちらからです。>>>

 

呼吸運動

呼吸運動は、胸郭が開くことで行われますが、大きく分けると、

  • 下部呼吸(横隔膜を使った腹式呼吸)
  • 中部呼吸(肋骨を使った胸式呼吸)
  • 上部呼吸(鎖骨を使った呼吸)

の3つに分類され、ヨガで理想とする呼吸は3つすべて使った「完全呼吸」です。

ヨガの呼吸法

肋骨周りの筋肉のコリを取り、呼吸が入りやすい状態を作っていきます。呼吸をしっかりすることで、血流が良くなり、自律神経の乱れも整っていきます。

 

①胸の前で手を合わせ、一度今ある息をすべて吐き切ります。

 

 

 

②鼻から息を吸いながら、両手を天井方向へ持ち上げます。

 

 

 

③鼻から息を吐き、肩甲骨を寄せるようにして両手をおろしていきます。①~③を繰り返し行います。

 

 

いかがでしたか?スロータスオイルの精油も、ヨガも自律神経を整えることにとても効果的です。

アロマの香りを楽しみながら、ご自分のリラックスタイムにお試しください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事