このエントリーをはてなブックマークに追加

4月28日大山オンラインセミナーレポート

こんにちは。
4月28日のオンラインセミナーに多くのお客様がご参加いただき誠にありがとうございました。
450名以上の方がご参加いただきました。
 

新型コロナウイルスへの感染で、みなさん免疫力を上げることにニーズが集まる中で、今後のサロンワークでの方向性の参考になるように

もう迷わない!
現代人の【自美力】を呼び覚ますために「与えるべきもの」

 
をテーマに開催させていただきました。
 
【セミナートピックス】
・自美力をつけるために必要なものとは
・食べるものはどのように選ぶか「大人の食育」
・睡眠がもたらすもの
・やはり腸内フローラ
・5日間の若返りレシピ
 
今回のセミナー内容が少しでもサロン様のお役にたてれば幸いでございます。

5月31日までの期間限定でセミナー動画を公開しております。
>動画はこちら
 
 

セミナー中にいただいた質問の回答を以下に掲載いたします。
 

28日オンラインセミナー質問回答
Q1.三食きちんと食べて、BIOFASをプラスするだけでは痩せないですか?

A.その他の生活習慣にもよりますが、BIOFASを飲み始めると腸内環境が改善に向かい、デブ菌が減り、ヤセ菌が多い痩せやすい体質になります。またヤセ菌が作り出す短鎖脂肪酸の働きで脂肪の吸収が抑制されます。その他配合されているビフィズス菌のビフィドバクテリウムロンガム菌はコレステロール低下作用などがあることが認められています。
ですので、現在標準体重より体重が重く、標準体重にしたいということなら少しずつ自然に体重は落ちていくかと思いますが、現在痩せ気味で更に痩せたいということでしたら、BIOFAS+少し運動などを入れることも必要かと思います。
 

 

Q2.痩せ型で太れません、栄養の吸収を良くするために腸内環境を変えるにはどうしたら良いですか?

A.乳酸菌や発酵食品など多種多様な菌を摂り入れ腸内細菌のバランスを整えましょう。
 エクシーズジャパンの商品ですと、22種類の乳酸菌が入っている酵素ドリンクBiofasがお勧めです。
食事はしっかり摂りつつ、1日40~80mlを目安に酵素ドリンクをとっていただき、血行不良も栄養を行き渡らせるためにはよくありませんので、激しい運動ではなくヨガやピラティスなどゆったり呼吸も整えられる運動を組み合わせるのもおすすめです。
 

 

Q3.頭皮や顔が痒くニキビなどもできていて、夜も目が覚めるくらいです。何かいい解決法はありますか?

A.頭皮と顔の痒みが同じ原因で起きているかは不明ですが何らかの病気の影響で痒みが起きている場合もあります。
症状の進行具合にもよりますがまずはお医者様に診ていただく事をお勧め致します。
中医学では「気血水」の「血」(血液)の不足や「水」の分泌異常などと捉え身体のバランスも乱れている状態だと考えられます。
血液やリンパの流れが滞っていませんか?
またアーユルヴェーダでは皮膚疾患やニキビは各体質によって原因も変わってきますが、「浄化・排泄」することが治療に繋がるとしています。
毒素排泄は血液やリンパの流れを改善することにもつながります。毒素排泄をしつつ、日常生活で出来ることとすれば皮膚を清潔に保ち、乾燥を防ぐ必要があります。
刺激のある化粧品やシャンプー、食品は避けていただく事をお勧め致します。
 

 

Q4.BIOFASの大山先生オススメの飲み方を知りたいです。

1、乳酸菌(BIOFAS)の摂取で重要なのは摂取するタイミングより、その量と期間が重要です。
腸内環境を変えることで、免疫力・整腸・美肌・ダイエットに繋げるためには、
・1日40ml
・期間は最短で2週間以上 (ストレス過多・食生活の改善が出来ない方・不規則な生活など、リスクが多い方は長くて2か月は必要です。)
量と期間に気を付けていただければ、一番に便の変化が現れ…次にむくみの改善…その後にお肌の質感に変化…といった感じです。

2、もっと有効的な飲み方は?と聞かれるならば!
夕食後、脂肪分「0」+無糖のヨーグルト200gに40mlをかけていただく方法です。
朝に原液40ml摂取する方法もよいのですが、BIOFASは22種類の乳酸菌たちの働きを十分に発揮させると考えて夕食後をお勧めします。

寝ている間の蠕動運動もよく動き出しますし、蠕動運動がしっかり動くとむくみ腸もスッキリします。
ぜひお試しください。
 

 

Q5.アブラナ科の野菜を摂取する際に適した調理法はありますか?
茹でた場合に必要な栄養素が流れてしまって、摂取できないなどということはございますか?

A.アブラナ科を含めた一部の野菜には加熱することによって栄養価が下がってしまう事があります。
非加熱での摂取が難しい場合は“蒸す”または“茹で時間を短く”、“スープごと摂ること”で工夫ができます。
 

 

Q6.以前Dサイクルの事を聞いたのですが、
ピッタタイプの方はあまりとらない方がいいと聞いたのですがどうなのでしょうか?

A.アーユルヴェーダでは、3つのドーシャが整った状態が最も健康で良い状態だといわれています。
ピッタタイプの方はピッタドーシャが高くなっている状態です。その場合、辛いもの、体を熱くするスパイスは全てピッタを増加させるので避けます。Dサイクルにはナガコショウ、ショウガ、クロコショウなど体をあたためるスパイスが入っておりますので、あまりにピッタの状態が強い場合は避けた方がいいかと思いますが、ピッタだけがとても高いというわけでなければ摂っていただいても問題ありません。
 

 

Q7.体内に有害ミネラルが蓄積すると、どうなるか?の内容をもう一度表示していただきたいです。

A.該当の資料を以下に掲載いたします。

 

 

Q8.BIOFASでは有害ミネラルの排出はされますか?

A.身体に蓄積されている有害ミネラルを排出する経路が便からにもなりますので、BIOFASで腸内環境を整えることで解毒力が上がり、有害ミネラルの排出に繋がります。
但し、より有効な方法は拮抗ミネラルが含まれるDサイクルを摂取することです。
 

 

Q9.Dサイクルは13歳でも飲めますか?

A.13歳でも問題ないと思いますが、念のため4粒からはじめてみてください。
(朝食1:昼食2:夕食1)
 

 

Q10.デリシェイクをアーモンドミルクで飲んでいますが、豆乳の方がいいですか?

A.デリシェイクの割り方は続けていただきやすいお好みの味で飲んでいただけます。
例えばそれぞれの栄養素を活かしてタンパク質を摂りたい方は豆乳、食物繊維やビタミンEを摂りたい方はアーモンドミルクなど用途に沿って選択していただきます。
 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事