このエントリーをはてなブックマークに追加

インストラクターオススメ!思わず触りたくなる「毛穴レス卵肌」の作り方

こんにちは。福岡支社インストラクターの藤川です。
長かった梅雨も明け、毎日気持ち良くお過ごしの方も多いと思います。一方で気候が急に変わる時期はお肌のトラブルは付きもの。あなたの肌は悲鳴をあげているかもしれません。
 
 
こんなトラブルはありませんか?
・毛穴の開きが目立ってきた
・マスクでの肌の赤み、ザラツキが気になる
・最近急に肌が乾燥するようになった
 
原因としては
・紫外線 ・睡眠不足 ・外的摩擦
・ストレス、自律神経の乱れ
・食生活の乱れ
等が挙げられます。
 
 
今からの時期の肌トラブルに使えるのは「モデリングマスク」!
サロンケアで「卵肌」を作るには最適なパックです。
 

 

特徴その1
肌の菌バランスを整えるグルカンオリゴサッカリド


肌の善玉菌の餌となり、皮膚上の有益な常在菌だけを繁殖させることにより好ましくない菌を抑制する菌コントロール効果を持ちます。乳酸菌などのお肌に有益な常在菌を繁殖させることで、その代謝物である「乳酸」「尿素」が皮膚の保湿効果をもたらします。
それにより外部からの刺激により乱れた皮膚上の生態バランスを整えます。
 
 

特徴その2
ミネラル豊富なケイソウ土が肌を瑞々しく保ちます


海藻が固まってできた珪藻(ケイソウ)土は、肌に必要なミネラルが沢山含まれています。保水力が高く、パウダーの様に水と混ざりやすい性質があり、パックをはがす際もつるんと綺麗にはがす事ができ、余計な手間がいりません。
 
 

特徴その3
ピールオフタイプで毛穴レスへ


固まるとゴム状になり、簡単に剥がすことができる上、毛穴汚れや余分な皮脂を吸着し、毛穴を引き締めてくれる効果が期待できます。
 
 

-ご使用方法-


付属の計量スプーン3~4杯に60~65mlの精製水を混ぜ、ペースト状(マヨネーズ状)にします。スパチュラでお肌に塗布します。
約10分~15分前後ではがし、整肌します。

 

  
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事