このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の終わりのスキンケア

皆様こんにちは!
まだまだ暑い日が続いておりますが、8月後半になりもう少しで秋。暑いのも疲れるけど夏の終わりを少し悲しく感じてしまう季節ですね。
そんな夏の終わりに取り入れたい疲れたココロとカラダとお肌の活力を取り戻す
スキンケアのご紹介です。
 
 

浄化と慈しみのスキンケアシリーズ
【Srotas SHIN】


 
 

夏の終わりにSHINがイイ理由①

 

SHINは眠れるスキンケア!

気温が高く蒸し暑い夏は『交感神経優位型』な状態になりやすい季節です。
だからこそ、代謝が上がりやすくダイエットには良い季節なんですが、行き過ぎると自律神経のバランスが乱れて副交感神経がうまく働かずココロとカラダがお疲れモードに・・・
交感神経が働きすぎることで質の良い睡眠をとることができない夏の不眠に陥ってしまいます。

夏の初めはそれでも交感神経が頑張って働いてくれているので元気いっぱい!
でもしばらく続くと夏の終わり頃にはその疲れがココロにもカラダにもお肌にも出てきてしまいます。
必要なのは『副交感神経』のスイッチを入れて眠りの質を上げること!
純粋なダマスクローズの香りを使用したSrotasSHINシリーズは副交感神経のスイッチをONにすることができるんです。
 

アロマで副交感神経がONになる仕組み

香りを感じる時には嗅覚という感覚が働きますが、この嗅覚は五感の中でもっとも原始的で、ダイレクトに脳に伝わる感覚です。
これは、脳の考える部分である視床・大脳新皮質を通らず、大脳辺縁系、つまり感じる部分へ直接伝わります。香りの刺激が脳に伝わるまでの速さはわずか0.2秒以下とされ、嗅覚は人間の五感の中で最も本能的であるとも言われているんです。
一度嫌だなと感じたにおいは理屈ぬきに嫌いになってしまったり、ふと漂ってきた香りで唾液が分泌される、昔の記憶がよみがえったりするのはそのためなんです。
また、味覚や視覚といった他の感覚よりも速く刺激が脳に到達するため、活動モードから睡眠におけるリラックスモードへと神経のスイッチを切り替えやすいという特徴があります。
この為、香りは脳機能を変化させると考えられています。
 

 
副交感神経が働くことで自然と眠くなり質の良い睡眠をとることができるんです。
睡眠の質を高める使い方のポイントは、スキンケアに深呼吸を取り入れることです。
深い呼吸をすることで全身に酸素がいきわたりそれだけでも疲労回復効果がありますが、副交感神経のスイッチをONにできる香りをたくさん脳に伝えることができるので質の良い睡眠を誘うことができます。
良い睡眠をとることで夏のお疲れをリセットすることができます。
 
 
 

夏の終わりにSHINが良い理由②

 

SHINは活性酸素対策もできるんです!

夏といえば紫外線の季節です。
太陽の光が眩しくそれが元気をくれたり気持ちよい季節でもありますが、この紫外線が美容にも健康にも大敵であることは皆さまご存じの事実です。
紫外線の何が良くないかというと大量の活性酸素を発生させるからですが、この活性酸素が疲れのおおもとなんです。
夏に活性酸素が大量発生する理由は紫外線だけではありません。
日々の活動量に比例して活性酸素の発生量も増加します。
夏は薄着になり活動的になる季節+代謝が上がりやすい季節ですのでその分活性酸素も発生しやすいのです。この活性酸素によって細胞が傷つけられてしまいます。
傷つけられてしまった細胞からは老廃物が排泄されるのですが、この老廃物に誘発されて体内に【FF】(ファティーグファクター)という疲労因子が発生します。
これが疲れの正体です。
 

また、交感神経が優位になることも活性酸素の発生を増加させます。
交感神経優位の状態=緊張状態になります。
すると自律神経をコントロールしている脳に負荷がかかり、脳は大量の血液と酸素を
欲する為、脳の酸素消費量が増加します。
これに反応して活性酸素が大量発生・・・この後の流れは前に書いた通りです。
それだけではありません!
夏のお疲れ肌に起こりやすいトラブル、シミの発生も活性酸素が原因で起こります。
活性酸素が発生するとこれに反応してメラニンが作られます。通常はメラニンは排泄されますが大量発生すると排泄が間に合わずメラニンのごみが染みついて肌が汚れてしまいます。これがシミです。
夏の終わりは特にお肌も体も心も疲労状態にしてしまう活性酸素対策が必要なんです。
 
 


 
SHINの純粋なローズの香りは疲労のおおもと活性酸素に対抗する【抗酸化】の働きがあります。
抗酸化以外にもうれしい効果がいっぱいなローズの精油の働きをご紹介します。

■心への作用
*鎮痛作用  *疲れた心を癒す  *心を高揚する
 
■体への作用
*ホルモンバランスの調整  *更年期障害の抑制  *生理痛改善
*花粉症対策  *二日酔い改善
 
■肌への作用
*アンチエイジング  *ハリ、弾力の向上  *シミシワ予防  *ニキビ予防
 
 
活性酸素対策を効果的にする使い方のポイントは手の温かさと包み込む安心感を伝えるスキンケアです。
難しいことはしなくてOK!お肌にパンパン叩き込むのではなく、ハンドプレスで優しくおさえて馴染ませるという使い方です。
手の温かさに包まれるとオキシトシンという愛情ホルモンの分泌が高まります。
この愛情を感じると安心感になりストレス軽減につながります。
 
Srotas SHINのリセットスキンケアは、夏のお疲れ肌・ココロ・カラダをスッキリさせてくれます。

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事