このエントリーをはてなブックマークに追加

6月は○○で肌トラブルが起こる!? ~3つの原因と対策方法~

みなさんこんにちは!
 
6月下旬…。梅雨シーズン真っ最中!!
6月の環境が肌にもたらす影響をご存知ですか?
 
梅雨でジメジメするうえに紫外線が強くなりだす為、実はお肌のトラブルが増える時期でもあります。
 
 

6月にお肌のトラブルが起こる原因とは?

 

■原因1. 湿度・気温の上昇

湿気が増えるこの時期は、一見お肌が潤っているように感じますよね。
しかしながら、潤っているのはあくまでもお肌の表面だけなのです。
 
湿度の上昇で、紫外線の『量』は真夏ほどではないものの、『強さ』で見ると真夏並みとも言われています。
その為お肌はインナードライになりやすく、そのまま乾燥が進むと皮脂分泌が過剰に…。
皮脂量が増加すると、お肌で雑菌が繁殖する為、炎症を引き起こしニキビや吹き出物などのトラブル、そして毛穴開きの原因になるのです。
 
対策としてはお肌の皮脂量を抑えてくれるような導入化粧水や収れん化粧水を使用した後、保湿をしっかり行うことがお勧めです。

(店)MÁJOR クリアアップトナー 180ml ¥4,000(税込)

クリアアップトナーは皮脂コントロールをしながらお肌の角質を柔軟に、古い角質の接着を緩めます。
毎日の皮脂コントロールで皮脂量を整え、角質ケアでターンオーバーも正常なサイクルへ★

 
 
 

■原因2. UVケアの怠り

雨や曇りの天気が多いこの時期には紫外線対策に気を抜いてしまう方も多いのでは?
梅雨シーズンは雨や曇りの日でも8月の晴れた日の約80%ほどの紫外線を受けるとも言われ、室内で過ごす日にも窓ガラスを通して、室内まで紫外線が入ってくることも!!
 
対策として、外出時・室内で過ごす日ともにUVケアの徹底が大重要です。
その際には日常生活ではSPF30/PA+++の日焼け止め・レジャーではSPF50+/PA++++の日焼け止めの使用と、シーンによっての使い分けがお勧め!
 
普段の日常生活から強めの日焼け止めの使用はかえってお肌の負担になってしまう為、上手に使いわけることもお勧めです。

(店)MÁJOR サンブロックブラン 40ml ¥4,800(税込)

サンブロックブランは紫外線吸収剤不使用のノンケミカルの日焼け止めです。
セラミド・アミノ酸配合しているので長時間使用していても美容液のように潤い、毎日のUVケアにお勧めです。

 
 
 

■原因3. 寒暖差により、血行不良

この時期は例年暑い日が続きますが、急に気温が低下する日もあります。
また外は暑いのに対し、室内では極端な冷房の涼しさにより身体が寒暖差に対応しきれずに身体が冷えてしまい血行不良に…
 
血行不良によって血液が運ばれにくくなると、お肌に十分な栄養が行き届かずにくすみの原因や、お肌のターンオーバーの乱れ、シミ・シワ・ごわつきも現われやすくなります。
更に血行不良から倦怠感を感じやすくなり、腰痛・肩こり・ホルモンバランスの乱れなど身体にとっても影響を及ぼすため、早めの対策が大切です。
 
日々できる対策として、飲み物を摂取する際には常温又はあたたかい飲み物を摂ることや、夜は湯船につかり入浴をすることで身体の冷えを予防できます。
 
また代謝アップのサプリメントの摂取もお勧めです。

(店)MÁJOR セルナージュコンク 2.5g×90包 ¥25,920(税込)

セルナージュコンクは黒生姜と生姜エキスの2種類の生姜が時間差で働くため、長時間ポカポカ身体があたたまります。
また配合成分のバナスリンが筋肉のもとになる筋芽細胞を活性化!
筋肉のもとを増やし基礎代謝UP&冷えにくい身体へと整えてくれます。

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事