このエントリーをはてなブックマークに追加

今からできる花粉症対策!

皆さんこんにちは!
年が明けたとはいうものの、まだまだ寒い時期は続きます。
さて、2月といえば花粉シーズン到来の時期です。花粉症の方には憂鬱な季節ですよね。
元々花粉症ではなかった方も今シーズン急に花粉症になってしまったという話もよく聞きます。
 
今回はそんな国民病ともいわれる[花粉症]についてお話したいと思います。
 
 
 

花粉によっておこる様々な症状

 
・くしゃみ
・鼻水
・鼻詰まり
・目の痒み
・頭痛
・目の充血
・涙が出る
・皮膚の痒み
 
 
 

症状緩和⁈ツボ押し花粉症ケア

 
花粉症には上記のような様々な症状があり、中には日常生活に支障を来してしまう方も!
そんな、花粉症のつらい症状である鼻水、鼻詰まり、目の痒みなどの症状に効く簡単なツボ押しケアをご紹介いたします。
 

【合谷】親指と人差し指の付け根のVの字になっている部分
万能のツボと言われるところで、様々な不調に効果があるツボです。
目の疲れや頭痛、鼻づまりに良いとされており、またメンタル面でも気分の落ち込みや集中力が続かない、イライラする時などにも効果的です。
反対の手の拇指と示指で挟むようにしてほぐしてあげると効果的です。
 
 


【迎香】小鼻の横の部分
鼻づまりや鼻水など鼻の不調を改善するツボです。
風邪、花粉症などで鼻が辛いときにお試しください。
小さく円を描くようにしてまわしてあげると効果的です。
 
こういったすぐに行えるツボ押しの効果で症状の緩和が期待できます。
ですが、これは花粉症の症状を抑えるだけにすぎません。
花粉症に対する根本的な解決にはならないのです。
 
 
 

花粉症のメカニズム

 
花粉症は体内に侵入した花粉を異物と認識し、この異物に対する抗体を作り、
再度侵入した花粉を排除しようとする反応です。
これを免疫反応と言い、一般的には免疫反応は身体にとって良い反応ですが、時には免疫反応が過剰になり、生活に支障が出てしまいます。
このように身体にとってマイナスに働いてしまう場合がアレルギーになります。
花粉症の場合には花粉を排除しようとして、くしゃみや鼻水、涙という症状がでますが、これらの症状が強く出過ぎるために生活の質が低下してしまいます。
 
 
 

花粉症と免疫

 
免疫細胞は異物の種類に反応する細胞が決まっていて、相互に作用しあいます。
花粉症シーズンの2~4月は、季節の変わり目で体調を崩しがちなため、免疫システム全体が不調をきたし、花粉症の症状も悪化しやすい状態にあります。
花粉症を抑えるには、まず免疫力を整えて、体調そのものを良くすることが大切です。
 
 

そんな免疫を整えるのにオススメなのが

Srotas スロータスティー

ストレスや激しい運動によって過剰に生成される活性酸素により免疫力は低下してしまいます。
そんな活性酸素の生成を抑制してくれるのが抗酸化作用のあるスロータスティー!
老若男女を問わず美味しく召し上がっていただけます。

 
 

花粉症で目元を擦りすぎてひどく乾燥してしまっている方は

MÁJOR リッチヴェール.アイ

花粉で目がかゆくてたまらない。力いっぱい搔きむしった結果、まぶたはガサガサになり、化粧乗りも悪くなる。
そんな時にオススメなのがリッチヴェールアイ!
弱りきった目元を集中的に高保湿してくれるアイテムです!

高保湿の秘密はリッチヴェールアイが作り出すラメラ構造!
リッチヴェールアイ塗布後、水分と油分がサンドイッチ状になるラメラ層が肌表面に形成され、角質層内の潤いを長時間キープし、肌のバリア機能を高め、目元のシワやたるみを防ぎます。

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事